事業紹介

Production

トップページ > 事業紹介

種鶏部母胎をはぐくむ

よい雛づくりは、よい親鶏を育てるところから始まります。
種鶏部では、自然豊かな農場で、オスとメスの種鶏を飼育し、種卵(受精卵)を生産します。

赤磐市内の小高い山の上にある赤坂中央種鶏場は、国内でも最大規模の種鶏場です。
兵庫県にある2か所の農場もあわせ、合計14万羽の種鶏を飼育しています。

年に数回、原種鶏会社から導入する種鶏の雛には、きれいな飲み水と専用のエサを与え、体重管理プログラムに沿って育てます。

トリは、広々とした鶏舎で放し飼い。
産卵期になると自然交配を重ね、受精卵を生産するようになります。

エサやり、水やりは全て自動。
巣箱で産まれたタマゴも自動ベルトコンベアで別室に運ばれてきます。

よい雛の生産には、きれいな種卵が必要です。
トリの血液検査をはじめ、品質検査に合格した種卵だけを選別して孵卵場に出荷します。

孵卵部生命の誕生

孵卵部では、岡山市内にある孵卵場で、種卵を温めヒヨコを孵化させています。
まるで工場のように自動化され、衛生的に管理された施設から、毎日およそ7万羽の新しい生命が巣立ちます。

岡山市南区の孵卵場は、中四国近畿地方で最大規模を誇ります。
取引先養鶏場からの予約に合わせて大型孵卵機にタマゴがセットされます。

よい雛を孵化するための条件は、タマゴの大きさ、貯卵日数、季節によって微妙に変わります。
データと経験をもとに、孵卵機を精密にコントロールします。

種卵を温めはじめてから19日目。タマゴの中のヒナが育ってきたところで、カラの上からワクチンを注射。少しでも早くヒナに免疫力をつけるための最新技術です。

そして迎えた21日目、ついにヒヨコが誕生。
カラの中からヒヨコを取出し、手作業で1羽1羽のコンディションを確認します。

ヒヨコは専用コンテナに収められ、行き先ごとに安置。
出発までは温度湿度の整った部屋で大切に管理します。

営業輸送部生命のリレー

輸送部では、孵卵場からヒヨコをお客様の養鶏場に届けます。
中国・四国・近畿地方の農村・山間地域に、安全第一でヒヨコを運びます。

トラックは、保冷車タイプの専用車(積載重量2トン~4トン)。
1万羽~2万羽のヒナを積みこむ庫内には冷暖房を完備しており、走行中もヒヨコにとって快適な環境を保ちます。

納品先の養鶏場に着くと、お客様と一緒にヒヨコを鶏舎に放します。
エサを食べ、水を飲むヒヨコの無事を確認して、その後の世話はお客様に託します。

配送から戻ると、その日のうちに空コンテナを降ろし、壁や床についた羽毛を洗浄。
仕上げに車両の消毒も行います。
明日のヒヨコのために、常にきれいなトラックを準備しています。

印刷用PDFはこちら